退職後、まず最初に手を付けたのが健康保険。

保険証がないと不便ですし、特に協会けんぽの任意継続は退職後20日以内に行う必要があるので、期限が切れないように急ぎました。
ちなみに、保険証は(扶養者の保険証も含めて)退職の時に返却しました。
会社で加入していた健康保険(協会けんぽ)を継続して支払うか、国民健康保険または各組合の保険に加入するかを最初に選び、加入すると、新しい保険証が届きます。

どの健康保険が一番お得か

健康保険の任意継続をする前に、自分にとってどれが一番お得な保険かは良く考える必要があります。
これは協会けんぽの窓口でも年を押されました。
今の制度ではどの健康保険に入っても医療負担は変わらないようですので、単に自分が支払う保険料の金額の中から、一番お得になるものを選べば良いと思います。

私の身近な例で言うと以下の選択肢がありました。

協会けんぽの任意継続(2年間)

今まで会社が半分払っていた保険料を自分で全額払うというものなので、支払金額は給与明細で確認できます。
各県で保険料は異なり、また年収によっても異なります。

協会けんぽ:保険料率

私の住む県の場合は任意継続の場合、高くても3万円ちょっとでした。扶養の方がいる場合はこちらがお得な場合があります。
ただし任意継続中は2年間保険料が変わらないので、前職の年収が高く、今年は低くなるという方は2年のトータルで見ると他の保険にしたほうが良い場合も考えられます。

国民健康保険

国民健康保険は各市町村で保険料が決まっています。年収や扶養の有無、固定資産などの条件でも金額は変わってくるようです。
下記のサイトでも調べることができましたが、一番確実なのは各市町村の窓口で調べていただく方法です。面倒ですが、切実な金額の問題なので、一回は行ってみたほうが良いかと。

国民健康保険計算機

文芸美術国民健康保険組合

Webやデザインのお仕事をしている方で、組合が定める「加盟団体」に所属している方が加入できる健康保険です。
こちらは年収によらず保険料が定額なのが魅力。扶養の多くない方だとお得になると思います。ただし加盟団体の入会金・年会費なども計算に入れたおく必要がありますね。

文芸美術国民健康保険組合

任意継続の手続き

任意継続をする場合は、既定の書類に記入して窓口に提出するか郵送すればOK。
私の場合は退職時にその書類をいただいていました。なければ各県の協会けんぽの窓口でもらうか、サイトでダウンロードできます。

任意継続被保険者資格取得申出書

扶養の場合は窓口申請がおすすめ

手続きは窓口でも郵送でも可能ですが、被扶養者がいる場合は窓口での申請がオススメです。
被扶養者は所得等で制限があるので、私の場合は窓口に被扶養者の源泉徴収票や3ヶ月分の給与証明を持って行って大丈夫かどうか調べてもらいました。
被扶養者は年金のことなど色々と書くポイントがあり、そういった書類の書き方も丁寧に教えていただけたので郵送よりも窓口に行って良かったです。

自動振替希望の方はその書類も

任意継続の保険料は、振込票を送って貰う方法と自動振替、または一定期間分をまとめて払う方法があります。
自動振替希望の方はその書類も必要なのでお忘れなく。

保険料預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書

銀行の場合は銀行窓口で確認印を貰う必要があったり、少し面倒です。

以上のような申請をして、1週間ほどで新しい保険証(と初回の振込票)が届きました。
保険料は毎月継続して支払うものなので、自分の生活にあった方法を慎重に(と言っても20日の期限がありますが)選ぶ必要があります。とにかくわからないことがあったら面倒でも窓口で聞いてみるのがおすすめです。

※上記は2014年1月時点での情報なので、都度最新の情報をご確認ください。

広告