今回カンボジアに行って感じたことは、私が今まで考えていた「ローカルを味わう旅」というのは、ある程度現代化された土地だけでできる贅沢なのだということです。

ローカルな生活を体験する旅とは

例えば日本を訪れる外国の方で「日本人のローカルな生活を体験したい」という方も多いでしょう。
そしてそれは割合達成しやすいことでもあると思います。
例えばコンビニのおにぎりを食べるとか、または地元の定食屋や銭湯に行ってみる、ということなどです。

日本人が欧米に行く場合も、観光客向けでなく地元の人が行くレストランやカフェに行ったりして、地元の感覚を楽しむという体験ができると思います。

私自身もそのような旅行をする事で、多少その国を体験できたような、旅慣れた感覚を感じていました。

しかし今回の旅で、旅行者がそれを楽しめるのは、訪問地の生活レベルが自分の生活と同じか高い場合、もしくはちょっとだけ低い場合だけなのだなと痛感しました。

シェムリアップの「ローカル」

今回はトゥクトゥクの運転手さんが、シェムリアップの郊外にある地元の市場にも案内してくれましたが、市場では近くの川で取れた魚やナマズ、カエルなどが売られていました。

冷蔵設備はないので、常温で、土の上にシートを広げた状態で並べて置いてあります。
生臭い匂いとハエの数もものすごく、地元の方は慣れているのか、ハエを払うこともしません。
私がここの魚を買って調理できるかと考えると、なかなか勇気が出ないなと思いました。

でも地元の方にとってはそれが普通の生活なのです。

もしカンボジアでローカルな体験をしたいと思えば、こう言ったところで食事をとり、バイクの後ろに3〜4人でまたがって移動し、時には濁った川で泳いだり魚を釣るということなのでしょう。

どれも私には出来ないと思うことです。

運転手さんもその辺りは分かっているのか、市場では手を出しやすそうな米とバナナを蒸したおやつや、サトウキビのジュースなどを勧めてくれ、それを食べる事でちょっとだけローカルの気分を味合わせてもらえました。

ちなみにこの市場では、サトウキビのジュースが一杯500リエルでした。米とバナナを蒸したおやつも同額です。
でもこれをアンコールワットなどの観光地で買うと、それぞれ1ドル(8000リエル)ほどになります。
日本人の感覚では一杯120円程度というのは普通の感覚ですが、シェムリアップの地元の市場では、1ドルあれば16杯のジュースが飲めますね。

それほどに地元の物価と観光の物価には開きがあることに驚きましたが、同時に清潔さと、安全性、またそれに対する私たちの耐性や感覚にも大きな開きがあるのだと納得しました。

ローカルと観光が交わらない環境

旅行先ではつい価格だけを見て、それが地元の物価よりも高ければ、ぼったくりだと思ってしまいそうですが、一概にそう決めつける事はできないのですね。
(もちろんぼったくりもあるにはあるのでしょうが)

例えば「地元の食事がしたい」と言ってもこてこての観光客向けレストランに連れて行かれてがっかりした、という話も聞いたりしますが、それだって連れて行く方からすれば当然のおもてなしだったのかもしれないわけです。

シェムリアップでは生活者と観光客の間には生活感覚に大きな隔たりがあって、1つの街にいるのに、ローカルな生活と観光が決して交わらず、並行して存在する、パラレルワールドのようだなと思いました。

ローカルな生活と旅行者との生活レベルが等しくなることが決して良いことばかりではないと思うので、今のシェムリアップの状態が良いか悪いか一概には言えませんし、ローカルの方の今の生活を見下したり憐れんだりするつもりもありません。

ただ、もしかすると、地元の方と旅行者が同じように過ごせる街の方が実は少ないのかもしれないなと感じましたし、それはある意味贅沢な旅なのだな、と感じました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中