年度末があけたということで、気晴らしに井上陽水さんのコンサートへ行ってきました。
今年67歳になられるらしいのですが、独特の味にさらに磨きがかかって、円熟の域にいらっしゃるなという印象でした。

IMG_3460 3
セットリスト

一応「UNITED COVER2」というツアーなので、カバー曲も3曲ほどありましたが、全体的には昔の曲なども多くて結構渋いセットリストでした。
メジャーなところでは[make up shadow]や[氷の世界]アンコールの[夢の中へ]くらいでしょうか。

私はちょうどyoutubeで昔の陽水さんの曲を聴き漁っていて、特にラストの[勝利としてのペガサス]はコンサート直前に聴いていたので、テストでヤマカンがあたったようで嬉しかったです(笑)

個人的には[最後のニュース]を聴けたのが良かったです。昔ニュース番組のエンディングで使われていたと思うのですが、その時から好きな曲でした。今のお声で聴くと、より世界の広がりがあって、素敵でした。
最初の[ミスコンテスト]もじっくり聴き入ってしまう感じで良かったです。
[とまどうペリカン]もあるかな〜と思いましたが、今回は残念ながら外れました。。[とまどうペリカン]、昔のTV番組でタモリさんがフルートで参加したバージョンがあるのですが、あの時のは本当に素晴らしいテイクです。またぜひ共演して欲しいですねえ。。

また、陽水さんの場合は、昔の曲でも(しかもメジャーじゃない曲でも)、何十年経ってもちゃんと聴ける曲が多いというのも一つの特徴かなと思いました。
たぶん、歌詞の言葉がしっかりしているからかなと思いますが、知らない曲でも会場を飽きさせないクオリティは流石です。

全体的にしっとりと、落ち着きのある音だったので、[make up shadow]も[氷の世界]もかなり柔らかかったです。これらの曲だと昔のトゲトゲしいくらいにキレている感じが好きなのですが、まあこれも今の陽水さんの持ち味かなと納得しながら聴いていました。
客席もずっと座って聞くので、このくらい柔らかい方がいいのかなと思ったり。

本当はすごくエッジの効いた[夕立]や[ジェニーmylove]をライブハウスで聴いてみたいと思ったりするのですが、それはきっと若い時の特権でしょうねえ。。でも陽水さんなら、本気を出せば今でもキレキレな感じでできるんじゃないかと思ってしまうところもあります。
特に安全地帯がバックで演奏すると、きっと今でもすごい素敵なんじゃないかと妄想したり。。

しょうもない妄想はさておき、陽水さんはお話も相変わらずの調子で、客席は毎回笑っていました。
またラスト後も皆さんの拍手の長いこと。。その後のアンコールの手拍子も長かったですが、なんといっても拍手の長さが客席の満足度を示しているようでした。
曲自体もですが、構成やトークなどを含めて、とても素敵なコンサートでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中