香港人の友人に「香港でどんな体験がしたい?」と聞かれて真っ先に答えたのが「飲茶!」でした。中国茶も中華料理も日本にたくさんありますが、飲茶となると結構限られてくるので、いつか飲茶したいな〜とずっと思っていたのです。

ぜひ本場の飲茶を体験したいと思い、Kさんに連れてきてもらったのは、サムサーチョイイーストの帝國中心というビルの中にある「尖東好彩海鮮酒家海景宴會廳(Tsim Tung Ho Choi Seafood Restaurant Sea View Banquet Hall)」。
海が見える飲茶館はあまりないらしく、眺めが良い席にしてくれるようにKさんが頼んでくれました。

地元の方は週末の朝からみんなでゆっくり飲茶を楽しむらしく、開店時間15分後くらいに入店したのにすでに大盛況でした。
先にお茶を注文して、テーブルの上にある注文用紙に注文を書き込みます。
欲しいメニューの横に数字を書き込んで、店員さんに渡すだけなので、中国語がわからなくても大丈夫でした。

私たちの食べたいものを聞きながら、ローカルなものもおすすめしてくれるKさん。
食器の洗い方や、使い方も教えていただきました。
隣のテーブルなどを見ていると、おじさまが手慣れた感じで洗杯していたりして、本場で飲茶してる!という感じがあってとても良かったです。

味付けもそんなにクセのあるものはなく、なんでも美味しくいただきました。
実は鳩も…食べました…。
漢方でマリネされていて、柔らかかったです。

最後に、このお店の名物というココナッツのデザートなどをいただきました。
ココナッツが器になっていて、フタを開けるととっても柔らかいココナッツミルクのプリンのようなものが入っていました。さっぱり美味しかったです。

ちょっと高級な飲茶タイムでしたが、休日の朝から2時間ほどゆっくりとした時間を過ごすことができ、とても良かったです。
こんなにゆったりした気分で休日を過ごせるなんて本当に良い文化だな〜と思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中