海外に行く場合、個人的にインターネット回線の確保は非常に重要なので、どんな方法がいいか毎回色々と調べますが、最近はAmazonで使い切りタイプのプリペイドSIMを購入して行くことが多くなってきました。

1枚持っておくと便利なMighty SIM

以前よく使っていたのは「Mighty SIM」というプリペイド型のSIMでした。

13561934_149604322114751_2092117317_n

[DE2016]旅の準備:ドイツ&オーストリア旅行時のネット環境はMIGHTYSIM

1枚で世界の多くの場所をカバーすることができ、1枚持っておけば使いたい時に入金して使い始める事ができるという点が便利です。

先にAMAZONでSIM自体を購入しておき、使う時にゾーン(エリア)とプラン(容量)を選んでチャージします。

AMAZON:MightySIM【データ専用グローバルSIMカード】【世界100カ国以上対応、完全プリペイド】

デメリットは、大体の回線が3Gであること。最近は[ZONE 1とZONE 2の一部では4Gに対応]ということですが、明確なエリアは掲載がありません。
また、プランが失効してから1年間全くリチャージせずにいると、SIM自体が失効する場合があるということです。

AMAZONで事前購入する使い切りタイプのプリペイドSIMが安い

リチャージできるSIMは便利なのですが、最近はAmazonで使い切りタイプのプリペイドSIMを購入することが多くなりました。
理由は価格の安さです。
旅行日数や使用するデータ量にもよりますが、探してみると結構安くなっています。
現地でSIM購入という選択肢もありますが、去年からドイツなど地域によっては非居住者への販売規制が行われている場合もありますので、注意が必要になっています。

アメリカ


アメリカ・ハワイSIMカード 30日間のデータ定額とSMS使い放題付き(データ・音声通話・SMS/スマホ専用) モベル
昨年ニューヨークに2週間ほど行った時にはこちらを利用しました。
5000円ちょっともする割に高速データは2Gまでと少し少ないですが、もし使い切ってしまったあとも30日間は低速でも使えるということで選択しました。
マンハッタンなどでは問題なく使用できましたが、州都アルバニーの近くの村に行った時には場所によって圏外でした(汗)アメリカは広いので、ものすごく田舎のエリアに行くときは注意が必要ですね。
またモベルの場合はSIM購入後、事前に設定が必要でしたので少し早めに買っておいたほうがいいかもしれません。

[NY2017]初めてニューヨークに行くときに必要なこと

韓国(アジア周遊)



アジア 14ヶ国利用可能 プリペイドSIMカード 3GB 8日間 4G/3G 韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール

韓国に3泊4日した時に使用したのはこの周遊SIM。
アジアの14カ国で8日間利用でき、2017年の冬購入時の価格は1,450円でした。
SIMカードを差し替えるだけで利用でき、ソウル市内は快適に使用できました。

香港

S__20258819
China Mobile 4G・3Gデータ通信無制限 香港4日プリペイドSIM

香港での2泊3日にはこちらを使用しました。送料込み590円と価格もお手頃で、SIMの差し替えだけでOKという簡単さ。
香港内は全く問題なく使用できました。

ヨーロッパ周遊


AIS ヨーロッパ周遊・アジア周遊 プリペイドSIM 15日 4G・3Gデータ通信無制限
まだ使っていないのですが、ヨーロッパ周遊用にこちらのSIMを使おうと思っています。
アメリカやヨーロッパなど62カ国の地域で利用でき、15日間4GBまでデータ通信可能。テザリングも一応OK。高速データ通信を使い切ったら期間中は低速で使用可能で、3580円でした。
MightySIMをヨーロッパで利用する場合は3GBで6,400円なので、こちらの使い切り周遊SIMがおトクですね。
またアジアもエリアに含まれていると、ヨーロッパ往復でのトランジットで韓国や台湾に立ち寄るような場合も使い勝手がいいと思います。

使い切りタイプのSIMの注意点は?

1:開始方法と期限をちゃんとチェックしておく

大体は差し替えるだけですが、SIMによっては開通前にWEBでの設定が必要な物もありますので注意が必要です。
また私はiPhoneで楽天モバイルを使用しているのですが、この場合差し替え前にiPhoneでプロファイルを削除する必要がありますし、日本に戻ってきたらまた楽天のプロファイルをインストールしてからSIMを差し替える必要があります。
今は大体の空港でWi-Fiがあるのでプロファイルのインストールも可能ですが、Wi-Fiがない時には日本に帰ってきてもすぐにはネット環境を使えないという事になったりしますのでその点は気をつけています。

また、購入のタイミングも注意が必要で、あまり早くに購入してしまうと使用前にSIMの有効期限が切れてしまう場合もありますし、ギリギリに購入しても届くかどうか焦ってしまいます。突発的な旅行の時には準備が難しい場合もありますね。

2:旅行日数+αの期間を購入する

万が一帰りの飛行機に乗れなかったら、または何らかの理由で滞在日数が伸びてしまったら、、海外に行く時にはそういう心配も考えられるので、使い切りSIMを買う時は旅行日数+αの期間のものを購入しています。
そういう緊急のときこそネット環境や電話が必要になってくると思うので、そういうライフラインは確保しておきたいですね。
その点MightySIMはいつでも使えるという安心感があるので、使う予定がなくても毎回持っていっています。
ただし1年間全くリチャージしないとSIM自体が失効してしまうようなので、この点がなんとかなればすごく安心できるのですが・・。
2018年5月時点では、失効条件(1年間以上使わないと失効)がなくなり、1枚のSIMを永続的に使えるようになりました。助かります…!

3:電話番号によっては知らない人から電話やSMSが来る

アメリカで使ったMobellのSIMは、その期間だけ使える電話番号が割り振られるのですが、そこに結構頻繁に電話がかかってきました。
今までいろんな方が使ってきた番号だろうからそういうこともあるのかなと思いスルーしていましたが、結構煩わしかったです。
また、これって前の番号の使用者が犯罪に使っていたりした可能性もあるんだよな。。などと考えるとちょっと怖くなりますね。

4:日本の電話の受け方を考える

SIMを差し替えると日本で契約しているdocomoなどの電話は受けられなくなるので、それらをどうするか考える必要があります。
今は大体LINEやメッセンジャーなど様々な通話手段があるのでそんなに普通の電話をする機会は多くないですが、私の場合は仕事の連絡がいつもの携帯番号にかかってくることがあるので、それを050PLUSというIP電話のサービスに転送するように設定しています。

[DE2017]楽天モバイル(DOCOMO系‎MVNO)で電話転送を設定せずに海外に出てしまった時の対応

5:iPhoneの場合、SIMを差し替えるためのピンを忘れずに

これは結構余談なのですが、、、iPhoneでSIMを差し替える時には専用のピンが必要なのですが、これを忘れて苦労したことがあります(汗)この時は文具屋さんに行き、クリップを買ってそれを伸ばしてピン代わりにしてなんとか交換しました。。
それ以来、SIMを入れる専用のポーチを用意してピンはその中に必ず入れておくことにしています。

いくつか注意点は必要ですが、事前にネット環境が準備できていると安心ですし、価格も安い物が多いので今後も旅行の際には色々調べて使ってみようと思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中