トップガンマーヴェリック 雑感

感動はないものの満足度はかなり高い。
見たかったマーヴェリックを期待値以上に見せてくれた。ラブシーンの演出など少し気になるところもありつつ、全体の構成や映像などは素晴らしい出来。
トム・クルーズの役作りもかなりのもの。
身体作りはもちろんだけど、トム・クルーズではなくマーヴェリックのあの表情だとわかる演技も細かくて良い。
各俳優の演技もそれぞれ個性的で素晴らしい。

1986年の前作へのリスペクトも欠かさず、説明から始まりデンジャーゾーンへつながるプロローグ、ビーチシーン、良き仲間であり続けたアイスマン。ヴァル・キルマーの出演は本当に良かった。
また今作のビーチシーンは特にシリアスなストーリーの合間のドライな抜けがとても魅力的。OneRepublicの曲もばっちり。

続編映画としてはとても素晴らしいものの、私は映画に満足を求めているのか、本来はなにかもっと違うものを求めているのではないかという気もしてこれを最高峰の映画というのが少し憚られる。

しかし素晴らしい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中